脱毛ラボ 料金

 

 

皆さん、こんにちは。脱毛ラボ 脱毛士の佐藤です。

 

今回は、IラインとOラインの形についてお話しをしたいと思います。

 

まずは、どの範囲のことを示すのかというと...IラインはVラインの奥の部分です。
ちなみに脱毛ラボでは、太ももを揃えて正面から見える範囲がVライン、
正面からは見えない範囲がIライン、そして肛門周辺がOラインとしています。

 

Vラインは、自分でも正面から見て、ショーツからはみ出てるなあ...

 

と気になってしまう箇所ですよね。IOラインも毛の太さや長さも気になりますが、
こちらは全部無くしてしまっていいものなのかなぁと、ちょっと悩ましいところではありますよね。

 

自分自身のIラインをまじまじ見る機会なんて、なかなかありませんし、
ましてや他の人のIラインをじっくり見ることなんて、まずありませんから...

 

では、脱毛ラボに通われているお客様はどうされているのでしょう?

 

結論から言いますと、ずばりIライン、Oラインはすべて脱毛するのがおすすめ!

 

脱毛ラボに通われているお客様の、じつに98%が脱毛されているんですよ! 
すべて処理するのをおススメする理由は、その快適さ! 

 

こちらは、以前のVIO脱毛のメリットでもお伝えしましたが、
肌ケアの面から見ても、気持ちの面から見てもメリットがたくさんあるんです。

 

Iラインは、生理中のナプキンが触れる部分ですから、血液で蒸れたり、臭いが気になります。
Iライン周辺の毛がなくなれば、そういった不快感もなくなりますよ!

 

Oラインの場合は、衛生的なことはもちろんですが、Tバックのショーツを履いても、
アンダーヘアがはみ出すことはありません。

 

ワンピースや細身のパンツスタイルの際に、アウターにひびかないTバックショーツは重宝しますよね。
下着も含めて心置きなく、おしゃれを楽しめるなんて最高ですね!

 

VIO脱毛のありがちな失敗としては、Vラインのみ脱毛していて、
途中でIラインやOラインもやっておけば良かった〜と、途中でIラインやOラインのプランを追加すること。

 

はじめはVラインの範囲が小さくなればいいや、くらいに思っていても、
Vラインの毛が薄くなっていくと、今度はI・Oラインの太い毛も気になってくるものなのです。

 

途中でI・Oラインを脱毛し始めると、Vラインが終わった後も、通う期間が必要になってしまうんです。
一緒に脱毛をスタートしていれば、本来は通う必要が無かったわけですから、なんだか損した気分になってしまいますよね。

 

でも、脱毛ラボのホームページをご覧の皆さん、ご安心ください!

 

他の脱毛サロンによっては、VラインとIラインがセットになっていないところもありますが、
(Vラインもパーツ別に購入するとV上、Vサイドで分かれていて、無くしたい部分が入っていなかった...なんてことも!)

 

脱毛ラボの全身プランでは、VIO脱毛がすべてセットになって付いています。
脱毛ラボでは9割の方が全身脱毛で通われているんですよ!

 

途中で、IラインやOラインも脱毛しておけば良かった...なんて失敗が無いので安心です。

 

せっかく脱毛するなら、もう気にしなくていいくらいまで、しっかりアンダーヘアをキレイにしてしまいましょう!

 

 

脱毛ラボのシェービングサービス

 

脱毛サロンで施術を受ける前には、
カミソリや電気シェーバーで自己処理をしておく必要があります。

 

毛が長いと脱毛器の光を毛根に集中的に働かせることができず
脱毛効果が減少するため、ムダ毛を剃って短くしておきます。

 

毛根が残っていないと施術できないので、
毛抜きは行わないでください。

 

背中、お尻、腰などは自分では見えにくく手が届きにくいため、
自己処理が難しいですよね。

 

自己処理できない場合はどうしたらいいのでしょうか。
脱毛ラボでは剃り残しがあった場合、
1500円でシェービングを受けられます。

 

剃り残しがあるとその部位は脱毛しない脱毛サロンもあるので、
料金がかかってもシェービングサービスがあり、
脱毛を受けられるのはうれしいです。

 

毎回シェービング代を払うのを負担に感じるかもしれませんが、
脱毛ラボは脱毛料金が安いのでそれほど大きな負担にならないはずです。

 

無理に自己処理をすると肌を傷つける恐れがあるので、
手が届きにくい部位はスタッフにシェービングをお願いしましょう。