Vライン脱毛の種類とメリットデメリット

脱毛ラボ 料金

 

真夏のビーチで可愛い水着を着たいからVラインの脱毛にチャレンジしたい!

 

Vラインの脱毛は自身を持って水着を着たい人にチャレンジしてもらいたい脱毛です。

 

海外ではアンダーヘアのお手入れは一般的です。
お手入れをしていないと恥ずかしいことなんです。
Vラインをキレイにして素敵な夏の思い出を作ってみては?今

 

Vラインとは?

 

女性のデリケートゾーンは「Vライン」、「Iライン」、「Oライン」という3つに分類されます。
アンダーヘア脱毛はVIO脱毛やハイジーナ脱毛と呼ばれています。

 

ここではVラインについてご紹介します。

 

 

Vラインとは正面から見たアンダーヘアのこと。
Vラインはショーツからはみ出てるのが気になったり、
きわどいビキニの着用の際に気になりますよね。

 

 

Vライン脱毛する理由は?・・・Vラインを脱毛するメリットをご紹介します。

 

1.ショーツや水着からはみ出る心配がない

 

Vラインを脱毛するの方のほとんどは水着やショーツからはみ出る
ムダ毛が気になっているですよね。
Vライン脱毛ははみ出る毛のお悩みを解決してくれます。
夏のビーチでおしゃれな水着を自信をもって着られるようになりますよ。

 

2.清潔に保つことが出来る

 

Vラインの脱毛はデリケートゾーンを清潔に保つというメリットがあります。
生理中や夏など、Vラインの不衛生になりがちです。

 

特に最近は美脚ショーツやお腹を引っ込めるショーツが流行ってるため
通気性が悪い環境になりやすいです。

 

Vライン脱毛によって生理中にかぶれた経験がある人も
かぶれにくくなる可能性がありますよ。

 

Vライン脱毛のデメリット

 

1.Vラインに限らず、脱毛は費用がかかります。
サロンや医療機関での脱毛はそれなりの費用がかかります。
また、自分で処理する場合は多少のお金と手間が掛かります。

 

2.施術するときに恥ずかしい

 

サロンや医療機関での施術の場合は女性にしてもらったとしても、
恥ずかしい人もいるのではないでしょうか?

 

回数を重ねることで慣れてくるハズですが最初はやや抵抗があるかもしれません。

 

3.パートナーの男性によっては変に勘ぐられるかも

 

日本では女性のデリケートゾーンのお手入れはまだまだ一般的ではありません。
パートナーの男性によっては風俗経験があるのかも?
など変に勘ぐられてしまうかもしれません。

 

4.Vライン脱毛の形

 

Vラインの脱毛する際はあなたの好みの形に整えることが出来ます。

 

 

 

Vラインのお手入れには様々な形があります。
ハート形やIライン形などが話題になった時期がありますが
初めてVライン脱毛する人にとっては抵抗がありますよね?

 

Vライン脱毛では逆タマゴ形のような自然な形が一番人気です。

 

 

 

Vライン脱毛の方法

 

Vラインを脱毛する方法をご紹介します。
Vラインは非常にデリケートな部分のため、脱毛方法は慎重に選ばなければなりません。
Vラインは自分で自宅で脱毛することが出来ますが、初めての方などは脱毛サロンや医療機関で脱毛をオススメします。

 

 

1.ブラジリアンワックス脱毛

 

海外では最もポピュラーなVライン脱毛の方法の一つです。
ブラジリアンワックス脱毛は、リオ・カーニバルの踊り子さん達が
とても際どいビキニを着用するために出来たアンダーヘア手入れ方法です。

 

ブラジリアンワックス脱毛はVラインにワックスを塗り、
ワックスとムダ毛を密着させ乾いたところを毛根から一気に引き抜くという脱毛方法です。

 

ガムテープ脱毛の強力番といったところですね。

 

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないため3週間ほどでまた毛が生えてきます。
そのため3週間くらいを目処に定期的に脱毛しなければなりません。

 

ブラジリアンワックス脱毛は皮膚へのダメージが大きいため、
皮膚の炎症や肌荒れを起こす場合があります。

 

慣れないうちはプロのカウンセリングを受けて
あなたにあったタイプのワックスを選んでくれるプロにお任せすることをオススメします。

 

ブラジリアンワックスに掛かる費用

 

Vラインをブラジリアンワックス脱毛する場合、
1回7,000円前後の費用が掛かります。

 

3回パックの場合の料金やリピートする場合、
割安な料金を設定しているサロンもあります。

 

Vラインだけじゃなく、Vライン、Iライン、Oラインがセットのプランもあります。

 

ブラジリアンワックスに掛かる時間

 

ブラジリアンワックス脱毛は1回の施術で1時間前後掛かります。
Vラインをはじめデリケートゾーンの脱毛は痛みを伴いますので
ある程度の我慢が必要になるでしょう。

 

 

 

ブラジリアンワックスのメリット:費用が安い・永久脱毛ではないため気軽にチャレンジ出来る

 

ブラジリアンワックスのデメリット:定期的にお手入れしないと元に戻る・かなり痛い

 

 

2.レーザー脱毛(医療脱毛)

 

レーザー脱毛(医療脱毛)とは、レーザー光線が特定の色や物質にのみ反応する性質を利用し、
皮膚の下の黒い毛根であるメラニン色素をだけを認識してレーザー熱を与えて組織を破壊するという脱毛方法です。

 

医療機関での施術のため脱毛効果が高く、永久脱毛なので
一度の施術でその後のお手入れをする必要がないという特徴があります。
一般的には周毛期に合わせて5〜6回の脱毛で終了します。

 

レーザー脱毛はかなり痛いです。
レーザー脱毛は毛包にある毛を再生させる細胞を破壊して脱毛します。
細胞を破壊するということは痛みがあって当然なんです。

 

逆を言うと痛みがないレーザー脱毛は効果が薄い可能性があります。
どうしても痛みに弱い方は、医療機関ですので麻酔をしてもらうことが可能です。

 

レーザー脱毛に掛かる費用

 

レーザー脱毛は今日ご紹介した3つの脱毛方法の中では最も高額な脱毛方法です。
レーザー脱毛は医療機関でしか受けることが出来ず医療行為となり、
保険適用外なので全額自己負担なので高額になってしまいます。

 

レーザー脱毛は1回の施術だけでは脱毛出来ません。
数回に渡ってレーザーを照射する必要があります。
VIO脱毛の場合、5、6回のコースが一般的となっていますが
5、6回コースで5万円前後の費用が掛かります。
5、6回のコースが一般的となっていますが
5、6回コースで7万円〜10万円程度の費用がかかります。

 

レーザー脱毛に掛かる期間

 

レーザー脱毛は先程ご紹介したように5、6回に渡ってレーザーを照射します。
1度照射すると最低でも2ヶ月程度間隔を開けなければなりません。
そのため6回で完了するとした場合、12ヶ月は掛かります。
VIO脱毛は1年〜1年半程度の期間がかかるでしょう。

 

 

レーザー脱毛のメリット:永久脱毛のため一度の施術で効果がある

 

レーザー脱毛のデメリット:費用が高い・かなり痛い・男性の施術だと恥ずかしい

 

 

3.光脱毛(フラッシュ脱毛)

 

光脱毛は、レーザー脱毛と基本的な原理は一緒です。
レーザー脱毛は単一の波長で集中的に細胞を破壊するのに対し、
光脱毛は複数の波長を広範囲に照射して脱毛します。

 

また、レーザーは出力が強いため医師にしか施術が認められていませんが
光脱毛は出力が制限されているため医師以外の脱毛サロンでも施術を受けることが出来ます。

 

出力が制限されている光脱毛はレーザー脱毛より弱いため痛みが少ないです。
その反面レーザーのような脱毛効果は得られないので長期間サロンに通う必要があります。

 

費用はレーザー脱毛よりも安いです。
またサロンの場合は女性に施術してもらうことが多いので男性医師の施術より恥ずかしくないです。

 

光脱毛に掛かる費用

 

光脱毛はレーザー脱毛より1回あたりの単価は安いです。
光脱毛でVIO脱毛する場合は5、6回コースで4万円〜8万円が相場となっています。
月額1万円で通い放題など様々なプランがあります。

 

光脱毛に掛かる期間

 

光脱毛はレーザーよりも弱い光を照射します。
そのためレーザー脱毛よりも長い期間脱毛に通わなくてはなりません。
光脱毛の場合、10〜15回通うことでキレイになると言われていますので
2年程度は脱毛に通う必要があります。

 

光脱毛のメリット:痛みが少ない・店舗数が多いためどの地域でも受けることが出来る

 

光脱毛のデメリット:長期間通わなければならない